#11 澤井光太【24期】

こんにちは。
SFC24期生の澤井光太です。
皆さんご存知の澤井コーチの次男です。

僕は22歳で渡米し、現在はアメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスに生活の拠点を置いています。既に在住9年が経ちました。
アメリカでは、飲食業を生業としています。渡米後、料理の道に入り、4年後には日本の某大手エンターテインメント企業から声をかけて頂き、アメリカ本社の立ち上げ、そしてレストランの立ち上げに携わりました。

現在はその会社を退職し、日系スーパーマーケットの外食事業部に勤めております。現地の方々へ日本食や美味しいご飯を広めることを念頭に、カリフォルニア州に10店舗ある内の4店舗分のスタッフ育成と料理開発をしています。

さて本題ですが、今回、藤井コーチよりこのコラムの依頼を受けました。
僕自信、こうやってSFCを卒業し、日本からも離れた中で頂けた連絡がとても嬉しく、快く引き受けさせて頂きました。

僕は、幼稚園の頃から高校卒業までの14年間をSFCで過ごした生粋のSFCっ子です。
ちなみに、14年間でAチームに入れたことは1度もなかったですね。笑
ただただ、サッカーが大好きでした。サッカーと同様に一緒に練習する仲間と先輩、そしてコーチ陣が大好きで、14年間があっという間に感じています。
変な話”もしかするとサッカーよりも先輩や同期と一緒に過ごす為に練習にいっていたかもしれません。。笑

SFCの魅力。それは”絆”
この一言に尽きると僕は思います。

アメリカに住み始めた時、とにかく寂しかったです。毎日SFCのみんなと騒いでいた写真を見返していました。笑
全員進んだ道は違いますが、迷った時、決断する時、自分自身に支えがあることは物凄い強みです。
失敗しても、なんとかなる!帰る場所はある!と思うと、自ずと自分の選択にも自信が持てて、より一層頑張らなきゃ!!と奮い立たせられます。

正直、現役時代のことを思い出すと、”苦しい””辛い”と思うことの方が多かったかなと思います。
練習はとにかく辛かったです。特に夏合宿は地獄だと思ってました。クロカンとゴール&ゴールはやばくないですか??
あんな真夏に人間がやっていい走り込みではないと今でも思います。笑
ただ、あの合宿は本当に”絆”が作られますし、チームも保護者の方々も含めて一体感が生まれる大切な行事でした。

苦しい練習があればあるだけ、それは自分の記憶に刷り込まれていきました。
試合の結果や、誰が得点を決めたとか正直、全く覚えていません。笑 
あの大会はこうだったな、、とか1ミリも記憶にないです。
僕が覚えているのは、特に辛い練習の風景とみんなの辛い顔です。

SFCでの経験と言いますか、SFCで得た物が今の自分を支えてくれていることは言うまでもありません。
14年間という年月を費やし、築き上げられた関係や繋がりは宝物になりました。
サッカーの技術も大切ですよね。でもそれ以上に大切なものを与えてくれた場所がSFCでした。SFCは最高です。

僕は、サッカーにおいて1度もAチームに入れませんでした。
その悔しい思いが、仕事では必ず結果を出して必要不可欠な存在になってやろうという気持ちに繋がっているのは事実です。
Bチームの選手達って意外と根性あると思います。笑
下手くそと言われながらも、サッカーを続けることができるのはある意味、精神的にタフなんじゃないかって思う時があります。

9年前、初めて渡米し今に至るまで、とにかく必死に料理の腕を磨いてきました。何度も挫けそうになりましたが、アメリカに残り、今は結婚し、永住権を3年前に取得。
今後もアメリカを基盤に生活を続け、料理教室などの個人ビジネスやビジネスパートナーとのグローバル的なフードデリバリーサービスの開始も考えております。
その際は告知させてください。笑

最後になりますが、
僕は、父親が世界で1番格好良い人で一生の憧れでもあります。笑

そんな親父が作ったこのSFCというチームが今後も益々飛躍していき、より一層愛され続けるチームになっていくことを願っています!

ありがとうございました!

 

kota

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。